手術看護LABO

手術看護LABOの大まかな仕組み

手術看護LABOのプラットフォームができあがり、会員希望の方のための募集ページが公開できる段階となりました。

Twitter上で手術看護LABOに関する投稿をした際にDMを下さった十数名の方々には、先行してプラットフォーム上のページを見て頂きました。

来週には実際に会員の募集を始められそうですが、その前に、手術看護LABOでできることや、実際のメンバー間のやりとりなど、大まかな仕組みを紹介しておこうと思います。

 

手術看護LABOでできること

手術看護LABOは、手術室看護師が「学びとやりがい」を得るための手術室看護師限定コミュニティです。

 

月額費用として2000円(税込)をお支払い頂きますが、その代わり、メンバーの皆さんは以下のようなリターンを受けることができます。

 

  • Nakaによる手術看護に関する基礎的な教育を受けられる
  • メンバーの得意なことを出し合い、施設ごとの工夫や診療科ごとの知識を深められる

 

とはいえ、ただ学べるだけではやりがいを見出せませんよね。

ということで、Nakaはメンバーが手術看護LABO内に公開した記事や動画などの教育的なコンテンツを、手術看護LABOという専門家集団として販売します。

販売によって得られた利益は、全てコンテンツの作成者に還元します。

Nakaはこのコミュニティのオーナーですが、メンバーから頂くのはあくまで月額会費のみ。

メンバーの方々が作ってくれたコンテンツの売り上げの中から一部を手数料としてNakaに...

なんてことはしません。

 

手術看護LABOはチャレンジです

とは言え、どこの誰が書いたかも分からないようなコンテンツなんて、そうそう売れません。

だからこそ、必要なのは手術看護LABOのネームバリューです。

専門家集団としてある程度のボリュームが必要だし、規模が大きくなるほど知名度も上がり、コンテンツも売れやすくなります。

Nakaはあくまでオーナーというだけで、手術看護LABOの中ではメンバーの方々とフラットな関係です。

新人看護師もリーダー看護師も看護師長も、手術看護LABOの中では関係ありません。

 

手術看護LABO内でのやりとり

手術看護LABOのメンバーになり、実際にコミュニティの中でどのようにやりとりをしていくのか。

その大まかな流れを紹介します。

 

会員登録

今回、コミュニティはキャンプファイヤー というプラットフォーム上に作成しました。

来週には公開し、会員の募集を始めます。

6月末までは月額会費不要にしておりますので、7月以降は月額会費2000円が引き落とされます。

お支払いには、クレジットカードの他、キャリア決済も選択可能です。

 

Slackへ招待


会員登録しメンバーとなった方々には、メンバー限定のコミュニケーションツール兼ワークスペースとして、Slackへ招待します。

Slack内でメンバー同士とコミュニケーションを取ったり、コンテンツ作成の進捗状況、タスク管理などを行います。

 

このように、PC上でのやり取りの他、専用スマホアプリ上でのやりとりも可能です。

 

コンテンツの閲覧

メンバーになった方々は、Nakaが定期的に配信する手術看護に関するコンテンツの他、メンバーが作成した教育コンテンツを自由に閲覧することができます。

コンテンツはひとまず当ブログに置き、パスワードをかけてメンバーのみが見られるようにします。

コンテンツの更新は、Slack上でもお知らせするので、見逃すことがありません。

月額会費制のコミュニティですので、ひと月ごとにパスワードを変更し、新しいパスワードはその都度メンバーに連絡いたします。

 

コンテンツの販売

メンバーが作成したコンテンツは、2つのプラットフォームを通して販売します。

どちらのプラットフォームも手数料が必要ですが、手数料を差し引いた売り上げの全てをコンテンツ作成メンバーに還元します。

 

コンテンツ作成について

コンテンツは、「作れば売れる」というわけではありません。

どこの誰が書いたかも分からないコンテンツに、好き好んでお金を出す人はいません。

だからこそ、「手術看護LABOで生まれたコンテンツ」という価値をつけて販売します。

価値をつける以上、作ったコンテンツを手当たり次第に販売するのではなく、コンテンツの内容をメンバー同士で確認し合いながら作り上げます。

手術看護LABOが質の低いコンテンツを発信する集団となってしまっては意味がないので、それぞれのメンバーのスキルを活かし、補完し合いながら手術看護LABOそのものの価値を高めていく必要があります。

「私にはそんなことできない...」

なんて感じる必要はありません。

皆で作り、みんなで手術看護LABOを大きくしていけばいいのです。

 

まとめ

手術看護LABOの大まかな仕組みを紹介しました。

来週には会員募集を開始しますので、もうしばらくお待ち頂ければと思います。

 

こちらもCHECK

手術室看護師のためのコミュニティ「手術看護LABO」について

以前から、このブログやTwitterを通じて手術看護に対する思いを発信しておりましたが、試行錯誤を繰り返し、1つの形になりそうです。   それが、今回紹介する 手術室看護師のためのコミュニテ ...

続きを見る

この記事に関する感想を聞かせてください!

-手術看護LABO

© 2020 手術室看護師として、生きる。