手術看護

自施設における手術看護の質を評価するために、まずすべきこと

「最近のオペ室、質が下がったよねー。」

 

こういう会話、日常に溢れてますよね。

 

僕は、質評価もせず安易に印象だけで「質が低い」と表現されることが大嫌いです。

 

とは言え、手術看護の質評価は特に遅れているので、しょうがないと言えばしょうがないんですが...

 

質というのは継続的に評価して、さらに比較してみないと分からないんですね。

 

看護の質評価はスタッフのモチベーションや意識改革にもつながるし、

 

何より先輩看護師が後輩看護師を見て「質が低い」なんて言われてしまうのを防ぐことにもつながります。

今回の記事では、手術看護の質を評価するために何をすべきかを紹介していきます。

 

看護の質評価が難しい理由

看護の質って、評価するのがとても難しいんです。

その理由は、

 

「看護を量で測ることができない」から。

 

例えば、病棟で清拭したとしますよね。

この清拭の質が高かったのか低かったのかを評価するのに最も手っ取り早いのは、患者さんに点数を付けてもらうことです。

ただ、点数をつけると言っても患者さんの価値観で点数の付け方が変わってきてしまいますよね。

 

無理とは言いませんが、このように看護ケアそのものを点数などで量的に評価することは、非常に難しいんです。

 

看護はサービスである

看護ケアはサービスであり、サービスというのは結果だけじゃなくて、それまでのプロセスも重要になんです。

 

先ほどの清拭で言えば、同じケアを同じ時間で行ったとしても、清拭中に一言も発さない看護師としっかりと声かけをする看護師とでは、質は違ってきますよね。

 

看護に限らず、サービスを提供する職種というのは、顧客に与える結果だけでなく、結果が得られるまでのプロセスも質に含まれるのです。

 

手術看護の質評価

手術看護の質評価は、看護という分野の中でも特に遅れています。

 

その理由は、

  • DiNQLデータベースに手術看護が含まれない
  • 手術看護の質評価はツールが、手術看護学会会員限定

この2つにあるとNakaは思っています。

 

DiNQLと手術看護

日本看護協会が行なっている看護の質評価ツールとして、DiNQLデータベースがあります。

 

多くの施設が参加しているため、それぞれの施設におけるベンチマーク評価ができ、看護の質を高めるための重要なツールとなっています。

 

ベンチマークとは

比べるものの差がわかるような水準点

 

DiNQLの中では、転倒・転落発生率や褥瘡発生率といったデータが含まれますが、手術看護に特化したデータは含まれていません

DiNQLデータベースでは、手術看護の質評価は難しいのが現状です。

 

手術看護学会の質評価ツール

日本看護協会に対し、日本手術看護学会は「手術看護の質評価」に関するツールを提供しています。

だだし、このツールが見られるのは手術看護学会の会員限定なんですね。

 

本当に手術看護の質を高めたいなら、会員限定でなく広くこのツールを提供すべきだとNakaは思います。

 

いずれにせよ、参加施設はそれほど多くなく、ベンチマーク評価をするにはまだまだデータが足りないという状況です。

 

自施設での質評価

さて、ここからが本題です。

 

日本の手術看護の質を客観的に評価するためにも、そして施設ごとのベンチマーク評価を行うためにも、手術看護学会へのデータ提供をして頂きたいです。

 

ただし、信頼できるデータになるには、まだまだ時間がかかります。

このような状況においても、自施設の手術看護の質を評価する方法があります。

 

それは、

 

自施設の手術合併症発生率を可視化する

 

こと。

 

手術看護の目的は、

  • 手術合併症の低減
  • 術後回復能力の強化

です。

手術室看護師が提供した看護の質を評価するにあたり、「手術合併症が起こったどうか」という視点で、提供された看護の質が高かったのか低かったのかを評価します。

手術合併症が起これば入院期間も長くなりますので、手術合併症と併せて入院期間を評価すれば、病院の収益に対する貢献度も可視化できるかもしれません。

 

収集すべきデータ

手術合併症と言っても、様々なものがあります。

Nakaが推奨するのは、以下のような合併症のデータです。

推奨する合併症データ

  • 末梢神経障害発生率
  • 褥瘡発生率
  • 低体温発生率
  • SSI

 

この中でも、術中体位による末梢神経障害発生率と低体温発生率は看護師独自で介入できる問題なので、特に重要だと考えます。

これらのデータを収集し、前年度と比較することで、それぞれの施設における改善点が明確となり、質の向上につなげることができます。

 

まとめ

手術看護の質評価は、数ある看護分野の中でも特に遅れています。

手術看護学会が提供する手術看護の質評価にはぜひデータを提供していただきたいですが、

目の前の問題を抽出して自施設における手術看護の質を評価・向上させるためには、手術合併症発生率の可視化が重要です。

この記事に関する感想を聞かせてください!

-手術看護

© 2020 手術室看護師として、生きる。